スポンサーサイト

  • 2016.07.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務の資格取得をしよう

  • 2013.09.07 Saturday
  • 資格取得
  • 10:18
  • -
  • -
  • by 医療事務の資格取得をしよう

医療事務は重要な仕事ですね。
病院内で医師や看護婦をサポートするのが医療事務仕事です。

病院はたくさんありますから、医療事務の需要は高いと考えてよく、資格を取得しておいた方が収入を考える時には大いに役立つでしょう。
どうですか、資格取得を目指しましょう

医療事務の資格は認定試験です。
ですから、資格がなくても医療事務はできますが、本人の医療事務に対する技術力を図る目的で資格が活用されているのです。
そこに資格の有効性が出てきますよ。

簿記検定

簿記検定は高校生や大学生の受験者も多く、取得者数も多い資格です。
有名なのは日商簿記で、日本商工会議所が主催している定番資格です。
簿記検定試験では、初歩的な商業簿記の4級から会計指導者クラスの1級までの段階があり、能力に応じて受験できます。

4級、3級は入門編で、実務で求められるのは2級以上となっています。

特に企業内で管理職を目指すときに、就職や転職に有利なのは1級です。
2級に合格するためには予備校などを利用して6ヶ月ほどの学習が必要で、1級合格を目指すならさらに6ヶ月ほどの勉強が必要になってきます。

簿記検定は、需要の高さもさることながら、受験勉強にかかる費用もリーズナブルであり、取得を目指す人にとって優良な資格と言えるでしょう。

気象予報士

難しいこと抜きに、その名前をよく知られている資格に気象予報士があります。
他の国家資格に比べて気象予報士はまだ新しい資格と言えますが、この資格が誕生したときにテレビで活躍していたお天気キャスターが取得に走った結果、現在のように知名度が上がることとなりました。


気象予報士の主な仕事は、気象庁から提供される数値予報結果や気象衛星、気象レーダー、アメダスなどのさまざまな観測データを総合的に判断し予測業務を行ないます。
それらの気象情報を、流通、レジャー、船舶、建設など、情報を必要とする人たちのニーズに応じて加工して提供します。


母子指導員の採用

母子指導員の採用については、自治体によっては福祉の専門職として募集しているところもあるのですが、ほとんどは一般の公務員として採用され、この場合必ずしも希望する施設や職種に配属されるとは限りません。
また、母子生活支援施設は年々減少しており、今後も増えることはまずないと言われています。
したがって、就職は厳しいのが現状です。 

理学療法士の主な役割

理学療法士の国家資格は、病気やけが、老化や過度の運動などの原因により、身体機能に障害を持つ人に対し、最新の技術と理論をもとに指導を行なって障害の回復や身体機能低下の予防を図り、日常生活において自立できるように支援するのが理学療法士の主な役割です。
これと似た仕事と捉えられがちなのが、作業療法士の仕事です。


理学療法士(PT)の仕事

  • 2011.04.06 Wednesday
  • 資格取得
  • 15:24
  • -
  • -
  • by 理学療法士(PT)の仕事

福祉の分野の中でも、特にリハビリに関わる仕事に「理学療法士(PT)」の国家資格があります。
理学療法士は、医療や福祉、スポーツ分野と、活躍領域の広い仕事です。
最近の医療では、リハビリテーションの重要性が認識されてきており、その実践や援助などの主な部分を担当するのが理学療法士です。


作業療法士の資格取得するには

  • 2011.04.06 Wednesday
  • 資格取得
  • 15:19
  • -
  • -
  • by 作業療法士の資格取得するには

作業療法士になるためには、高校卒業後に作業療法士養成学校か養成施設において3年以上専門知識や技術を修得した上で、国家試験に合格しなければいけません。
また、海外で作業療法に関する学校を卒業したか、免許を取得した人は、厚生労働大臣から日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると認定を受けると、国家試験を受験することができます。


語聴覚士の資格取得するには

  • 2011.02.26 Saturday
  • 資格取得
  • 09:00
  • -
  • -
  • by 語聴覚士の資格取得するには

言語聴覚士の資格を取得するには、養成学校で3年以上学ぶ、大学などで2年以上修業して指定科目を履修し、指定養成施設で2年以上専門知識を学ぶ、などの受験資格を得たうえで、国家試験に合格しなければいけません。
言語聴覚士国家試験の試験事務等は(財)医療研修推進財団が行なっているので、受験資格等の詳細はそちらに問い合わせるとよいかと思います。


就職と資格


就職を決める際に資格があると有利になります。
資格には国家資格公的資格民間資格があり、難易度もさまざまですが、簡単なものであっても、資格取得に努力しているというところで、人物評価をする企業もあるようです。

IT系では国家資格である情報処理技術者検定、Microsoft者が主催するMOS、MCP、NPO法人インターネット実務検定協会が主催するインターネット実務検定試験などが代表的です。
医療系では、女性に人気の高い医療事務や、ホームヘルパーが比較的簡単に取得できるようですね。

資格試験:建築

建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者を、建築家といいます。
日本では一般に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼び、ほとんどは一級建築士の有資格者であります。しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」も存在します。

資格試験の受験資格だが、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのでさえ7年以上の実務経験が必要であるが、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮されます。また建築士試験の合格率は以下のとおりであります。

・一級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率25.0% 製図合格率30.3% 総合合格率11.1%
・二級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率33.2% 製図合格率54.5% 総合合格率23.3%
・木造建築士 2005年(平成17年) 学科合格率74.5% 製図合格率74.4% 総合合格率53.6%
学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低い。難関であるといえるのです。

selected entries
categories
sponsored links