<< 福祉資格の取得方法(試験、実習など)について | main | 就職と資格 >>

スポンサーサイト

  • 2016.07.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


資格試験:建築

建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者を、建築家といいます。
日本では一般に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼び、ほとんどは一級建築士の有資格者であります。しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」も存在します。

資格試験の受験資格だが、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのでさえ7年以上の実務経験が必要であるが、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮されます。また建築士試験の合格率は以下のとおりであります。

・一級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率25.0% 製図合格率30.3% 総合合格率11.1%
・二級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率33.2% 製図合格率54.5% 総合合格率23.3%
・木造建築士 2005年(平成17年) 学科合格率74.5% 製図合格率74.4% 総合合格率53.6%
学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低い。難関であるといえるのです。

スポンサーサイト

  • 2016.07.24 Sunday
  • -
  • 18:07
  • -
  • -
  • by スポンサーサイト

selected entries
categories
sponsored links