スポンサーサイト

  • 2016.07.24 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


女性向けの資格

資格には、本当にたくさんの種類があって、資格取得を目指すなら、どんな資格が存在して、その中でどの資格が自分に合っているのか、自分に必要な資格は何なのか、そこら辺の見極めをすることからはじめましょう。

そして、その資格が女性に向いていて、さらには自分に取得できそうな資格なのかどうか、それを検討したら、その女性向けの資格を取得するにはどのような勉強をしたらよいのか、その女性向けの資格について、情報収集をする必要があります。

資格を取得できたら、きっとそれが自信につながり、今まで以上にいきいきと仕事が出来ることでしょう。
少し例を挙げるなら、インテリアコーディネータとか、医療事務資格、介護・福祉、保育士、小中高や日本語教師など教育関係の資格などは女性向きの資格といえるでしょう
 
資格があると資格がないより、資格手当て他賃金は上がります。女性にとって、資格は社会で戦うための武器となると考えられます。 


野菜ソムリエの資格

ソムリエという言葉を聞くとワインのソムリエを連想する方が多いでしょうが、近年ではOLや主婦の間で野菜への関心が高まり、有機野菜の宅配などが人気を集めているせいか、「野菜ソムリエの資格」という不思議な資格が注目されているようです。

同資格の正式名称は「ベジタブル&フルーツマイスター」といい、2001年に設立された日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(ベ協会)が認定したものだそうです。

野菜・果物についての詳しい知識で生産者と消費者の橋渡し役になり、調理方法や栄養に関する情報提供を伝えていくことで購入に結びつけるのがベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)です。

福祉資格の取得方法(試験、実習など)について

  • 2010.05.12 Wednesday
  • 資格取得
  • 16:06
  • -
  • -
  • by 福祉資格の取得方法(試験、実習など)について
高齢化社会を迎えるに当たって、福祉関連の資格の重要性はこれからますます高くなっていくと言われています。福祉関連の資格の中には、試験を受けなければならない資格もありますが、試験はなく、特定の条件を満たせば取得できる資格もあります。福祉資格に関連して言えることは、ほとんどの場合、何らかの形で実習を受けなければならないということです

たとえば、福祉資格の中で、取得者の数が最も多いといわれているホームヘルパー資格についてですが、ホームヘルパー2級の場合、130時間の研修と共に、介護実習、ホームヘルプサービス同行訪問、在宅サービス提供現場見学などの実習を行う必要があります。
介護の現場を直接肌で感じることが、福祉資格を獲得するための重要な要素であるといえるでしょう。

また、福祉資格によっては、実務期間を必要とする資格もあります。
ケアマネージャーと呼ばれる資格は、介護に必要なプランなどを作成する専門職ですが、この資格を取得する場合、最低でも5年、最長では10年もの実務経験を必要とします。さらに試験を合格しなければなりません。介護というと、身近な印象があるのですが、実際には資格を取るためには大変な努力をしなければならないのです。

資格試験:建築

建築設計を行う者の中で、とくに作家性・作品性を持つ者を、建築家といいます。
日本では一般に、受賞歴のある者や著名な作品を設計した者を特に建築家と呼び、ほとんどは一級建築士の有資格者であります。しかし、自らは建物のコンセプトや空間デザインを手がけ、設計実務は建築士の資格を持つスタッフに任せる、というスタイルの「建築家」も存在します。

資格試験の受験資格だが、専門教育を受けていない場合、二級建築士の受験資格を得るのでさえ7年以上の実務経験が必要であるが、専門教育を受けている場合はその程度に応じて必要な実務経験期間が短縮されます。また建築士試験の合格率は以下のとおりであります。

・一級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率25.0% 製図合格率30.3% 総合合格率11.1%
・二級建築士 2005年(平成17年) 学科合格率33.2% 製図合格率54.5% 総合合格率23.3%
・木造建築士 2005年(平成17年) 学科合格率74.5% 製図合格率74.4% 総合合格率53.6%
学歴や実務経験等で受験資格が制限されている試験にも関わらず、一級建築士試験は合格率が低い。難関であるといえるのです。

就職と資格


就職を決める際に資格があると有利になります。
資格には国家資格公的資格民間資格があり、難易度もさまざまですが、簡単なものであっても、資格取得に努力しているというところで、人物評価をする企業もあるようです。

IT系では国家資格である情報処理技術者検定、Microsoft者が主催するMOS、MCP、NPO法人インターネット実務検定協会が主催するインターネット実務検定試験などが代表的です。
医療系では、女性に人気の高い医療事務や、ホームヘルパーが比較的簡単に取得できるようですね。

selected entries
categories
sponsored links